FIAT ABARTH 1000SP. 5

ダシュボードに少し手を入れてみます。
キットのパーツはご覧の通りちょっと残念な状態です。
(エキパイも相当ですがこちら殆ど見えないのでこのまま使います。)

20121016-144428.jpg

 

まずはガンガンと削り、形状を軽く整えます。
アルミの帯金を用意しメーターのサイズに合わせリング状に加工します。

20121016-145010.jpg

 

アルミの自作リングを所定の位置に貼り付け、スイッチ部の穴開け、ステアリングシャフト取付部にアルミパイプを差し込む、等々の作業をして一応終了。
実車とは形状やディテールが違いますが自分の技術的な問題もありこれで妥協します。

20121016-145524.jpg
早く塗装したいな~

キムワイプ

一部の方々にはお馴染みなこのパッケージ。学生時代からお世話になってました。

現在でもエアブラシの清掃等に欠かせないアイテムです。

Amazonで注文するとなにげに割高なので東急ハンズまで調達に行ってます。
(ヨドバシカメラでも扱いがあると聞きました。今度探してみよう。)

キムワイプのキムは提携先のKimberly Clark Corp.が由来なんですね。

20121004-135756.jpg

KR500 _2

少しづつですが進めてます。
仮組後再度パーツの形状を整え、ディテールを加えていきます。
エンジンブロックのボルトのモールドを削り落とし、0.4mmの穴を開けてアドラーズネストのボルトヘッドを埋め込めるようにします。(結構お金が掛かりますね…)この部分のマイナスボルトですが実車の写真を見てもかなり目立ちます。
試しにSサイズをつけてみましたがMサイズのほうが良さそうですね。

20121014-182609.jpg

一回サフを吹いてパーツの仕上がりをチェックします。
まあまあといった感じでしょうか。なんか鳥っぽいフォルムです。
バックボーンの丸いパッドですがマスキングがめんどくさそうなので削り取ってます。塗装後パッドを再現したものを貼り付けるようにします。実車とは構造が違っちゃいますが作業性と見た目重視ということで。

20121014-184913.jpg

うろこ雲

今日の東京は秋らしい良いお天気でした。
朝のコーヒーも美味しく感じられる土曜日
部屋のロッカー、クローゼットの戸を開けて空気を入れ替え、そして衣替え。

そして空はみごとなうろこ雲!秋が一気に深まったようです。

20121013-192013.jpg

どこか旅行に行きたい!

FIAT ABARTH 1000SP. 5

ホイールをリューターに取り付け、かるくポリッシュして見ました。
ホワイトメタルのキャストパーツですが少しはシャッキとしたかしら。
無塗装でも良いかなと思いましたがアバルトらしくシルバーでペイントする予定。

20121012-191851.jpg
タイヤをはめるとこんなカンジです。

20121012-192052.jpg

Concorde

コンビニでオランジーナを買ったらおまけがついてました。
エールフランス飛行機モデルコレクション。
チョイスしたのはコンコルド!出来は正直言ってビミョーなのですがやっぱりカッコいいね。
シルエットもイカシテマス。

20121005-200943.jpg

FIAT ABARTH 1000SP. 4

なかなか進まず足踏み状態です…
一応最終予定のパテをいれました。そろそろシャシと内装パーツも手を付けないと。

20121010-211340.jpg

このキットの組立説明書です。味のあるイラストでうれしくなってきます。

20121010-212142.jpg

2012 自動車アート7人展

さっさと仕事を片付け有楽町の東京交通会館で開催されてる展覧会へお出かけ。
交通会館にはかなり久しぶりの訪問でしたのでまずは散策。1階には随分と地方のアンテナショップが増えてました。なぜかソフトクリームを買われてる方が多かったです。有名なのですかね?
次に地下の食堂街へ。
無くなってしまったお店もありますが、まだ昔からのお店も多数頑張ってました。焼き魚の匂い、中華炒めの音、喫茶店から漏れてくる煙草の臭い。20数年前からあまり変わらない雰囲気、何か昭和テイストな趣きです。

20121009-210857.jpgで目的の展覧会はこちらです。

20121009-211043.jpgさすが自動車アートの大御所といわれる方々の作品だけに見ごたえがありました。特に細密画を原画で見られたことは眼福でしたね。今月13日の土曜日まで開催です。