Williams FW07B_3

旧暦の八月一日は八朔 

20140725-141706.jpg
こちらもペイント終了、見た目はタミヤの1/10ラジコン風。
グリーンは先人の教えに従いフィニッシャーズのピュアグリーンに微量のグレーを加えデカールに合わせたカラーを塗っています。
ちなみに最近のイベントなどに出てくる個体のグリーンはもう少し明るめみたい。

サイドポンツーンにあの厚いフィンがないとワイド感が増して見えますね。
やっぱりこの頃のベンチュリーカーはカッコイイ。

今週はここまでです。
皆様良い週末をお過ごしください。

Williams FW07B_2

今週末は三連休なんですね、忘れてました。
天気が良ければ色吹きしたいところ。

FW07とFW07Bですが調べると結構相違点があるようです。
特定グランプリの仕様にするのもちょっと面倒… 恒例の雰囲気重視でいく予定です。

ボディパーツに金属板を使った工作をする事になりますが、苦手なのです。

20140626-141336.jpg
ミスクラのプライスがついたままの福原金属の真鍮板、懐かしくちょっと切なくなります。
最近は金属材料の値段も大分上がったようですし、なにより小口で入手しづらくなってきました。
鉄道模型屋さんでもその傾向にあるようです。

20140626-141351.jpg
サイドポンツーン上のアウトレットですがいくつかのパターンがあるようなのですが、詳しい資料もないことなので左側のみサイズを小さくしたタイプにします。
両側とも大穴タイプも結構カッコイイのですが模型的にはアンシンメトリーも魅力的。
それにしても筋彫が太くて深い… ついでなのでちょっと修正しておきます。

20140626-141419.jpg
オイルクーラーへのインレットも適当にでっち上げます。
この部分についてはオイルクーラーのシャシー側への取付けの方が難しそう。

20140626-141435.jpg
それらしくはなってきたような気がしますがどうでしょう。
とりあえず一回サフ吹きして様子をみてみます。

やっぱり金属板工作とハンダ付けは苦手だぁ。

Williams FW07B_1

ちょっと考えた結果、07はタミヤの1/20を何台か作ったし、再度デカールの調達は面倒だし、といった後ろ向きな理由で07Bとしてでっち上げることにしました。
なのでタイトル、カテゴリー表記も07Bに変更。
ちなみにカーナンバーは27か28かはまだ未定。

20140626-141150.jpg
未完成ボックスからパーツを引っぱり出してきてアンダートレーを組立。
F1ラジコンの素シャシーみたいです。
ちなみにこの頃のマシーンの特徴であるスライディングスカートはちゃんと接地させないとちょいとカッコ悪いので、ジオメトリー調整はいつもより真面目に。
リアサスはギアボックスのアンダートレーへの取付け面を少々削らないとタイヤが上手く接地しませんでした。
最終的にはいつも通りの力技でなんとかするつもりなんですが。(スカートを削るとかいろいろ手はあります…)

20140626-141200.jpg
FW07Bへの変更点を資料をながめて検討中。
改めて見ると結構違いが有ります。
画像ではもうサイドプレートとフロントウイングを弄ちゃってます。
もう後戻り出来なくなりました。