Sunday in the park

20140504-100631.jpg
2014年 みどりの日、おだやかな日曜日。
明日の菖蒲とワインを調達に行きます。

ONE CHANCE

Nessun dorma!
20140414-213013.jpg
年度頭のバタバタに草臥れたので柵から脱け出していつものシネコンへ。

英国の歌手、ポール・ポッツ氏の実話を元にしたストーリー。
サクセス物というよりは七転び八起きといった感じのお話、妙に美談めいたテイストになっていないところは好み。
主な舞台であるウェールズの落ち着いたトーンの風景、朝食プレートやパブでのビール等々の「英国飯」が美味しそうに描かれているのも好印象。
恋人役の演技と衣装のピーコックブルーのコートがチャーミング!
声楽を主題とした作品なのでオペラの名曲が劇中に多数散りばめられているのですが、TAYLOR SWIFTのSWEETER THAN FICTIONも良い感じでした。久々にサントラ買ってみようかしら。

もう公開期間は短くなってるかもしれませんが、一寸アタマとカラダが疲れてる時にオススメの作品です。

映画『ワンチャンス』公式サイト

patlabor-nextgeneration

20140326-193530.jpg
37MMリボルバーカノン@新宿ピカデリー

20140326-193611.jpg
本体よりもこちらの小物に心魅かれる。

Ricoh Philharmonic Orchestra

20140309-185451.jpg
グリンカ、チャイコフスキーにラフマニノフ、春を感じさせるロシアの名曲。
久しぶりの生音、やっぱり良い。
なぜか夕食に天ぷらが食べたくなりました。

20140309-190227.jpg
東新宿駅にあったオブジェ。よくわからない…

ginkgo

20130825-140839.jpg
銀杏の葉の濃い緑はなにか涼しげ。
東京を代表する木でもあり、秋には実を楽しめます。
でも、最近は外皮処理等々の理由で銀杏を拾う人も少なくなっているそうです。

真空パック等で通年入手できますが旬のあの鮮やかな緑色ともちっとした食感は何ともいえないものがあります。
塩の効いた串焼きなんかいいですね。
なんか書いていて呑みたくなってきました。

Shizuoka hobby show 2013

なかなか訪れる機会がなかった静岡ホビーショーですが、今回初めて行ってみました。
企業ブースはザッと見て、殆んどの時間はモデラーさん達の作品の見学に充てました。

ざっくりとした感想。
飛行機モデラーさん達の楽しみ方は十人十色といった感じが良かったですね。ジャンルとしての裾野の広さを感じることができるました。この辺りは鉄道模型と似たようなものを感じます。
艦船模型も超絶ディテールモデルだけでなくいろいろ表現手法での作品が見られたのは良かったです。特に現用艦船のペーパーモデルの出来の素晴らしさにびっくり。
AFV系は某アニメ関連の作品も目立ってましたが、ハードコア系作品は塗装表現の進歩というか進化がすごい事になってます。
SF系のモデル群も情熱が感じ取れる素晴らしい作品が多かったですね。

クルマ、バイク関連は他のジャンルに比較しておとなしめというか埋没気味。
さすがに美しい塗装、ディテール表現などの超絶モデルは目の保養かつ今後の製作に対してのモチベーションになりましたが、同時にちょっとした閉塞感も…

20130520-141726.jpg
結構な人出とコンベンション施設特有の空調の悪さでちょっと草臥れてしまいました。
次に行くことはあるのかしら?
ちょいとネガな事も書いてしまいましたが、このイベントが永く続くといいですね。

20130520-141909.jpg
今回のお買い物は上記2点。
不思議なカタチの工具は1/12BT44Bの製作時に役立ちそうと買ったのですが、どうかしら。

Saint Young Men

時間を作って(仕事をサボって)いつものシネコンへ。

20130516-144710.jpg
今回は珍しく上のフロア。

20130516-144737.jpg
なんか軽めが良かったので「聖おにいさん」を選択。
原作のコミックは読んではいないのですが結構面白かったです。
仏陀、キリストの基礎知識と立川辺りの雰囲気がイメージできるとより楽しめるかと。

こうはく Transportation Museum 11

模型以外の鉄道関連展示から

20130406-200157.jpg
発車表示器 表示が変わる時のパタパタという音が懐かしい。
画像にはありませんが操作盤もなかなか良い感じでした

20130406-200219.jpg
ひし形のパンタグラフ 現在はシングルアームタイプが多くなりましたね。
意外にシンプルな構造です。
上の架線から実際に電力を受け取って実験装置の台車モータを動かしていたような記憶があります。

20130406-200247.jpg
DT24A形台車実験装置
子どものころは、パンタと架線に触れた時のスパークと台車のモーターの回転音にビビりまくってました。
ちなみに今になっても電気系は苦手、クルマのバッテリー触るのも一瞬引きます。

20130406-200403.jpg
このようなオイルの臭いがする重々しい装置に心引かれるます。

まだまだご紹介したい展示物はたくさんあるのですがこのあたりで一旦終了です。

20130406-200454.jpg
万世橋、秋葉原界隈もここ何年かで大分様変わりしましたね。
これからどんな風になっていくのかまったく想像がつきません。